女王骨

 床で寝ていた。着替えるとき肩に痣ができていたのに気づいたが、痣ができるようなことをした記憶はない。一ヶ月くらい前にも同じことがあった。精神的ダメージが肉体に顕れたのかと思ってなかなかスリルだった。

 朝食も無事食べられた。パスタをすすっていると気がつくのだが、目の前の食べ物がよく見えない。30歳くらいまではくっきり見えていたと思う。自分は小さい頃から何にでもはっきりとピントを合わせて見てしまう。そのせいか車に乗る時は必ず車酔いを起こしていた。いまはそんなことはない。老化ではあるがとてもいい感じになっていると思う。

 きょうも酷暑日。昼前にダンボールを運ぶ作業があって、それで汗だく。汗を拭くタオルも絞れるくらい汗を書く。午前だけで3回は着替えた。

 とりあえず明日からお盆休み。上半期仕事納めという感じ。

 まったく予定はないが友人に誘われ明日は映画を観に行くことになった。

 さあ、やれやれどうするか、と思っていたところでとよかわさとこさん(

https://twitter.com/toyokawa

)のブログ(

http://johncho.hatenablog.com/entry/2018/08/10/024909

)を読んでいたらきのうの夜とよかわさんに私の方からLINE通話があって、泥酔した様子で喋っていたとのことで驚いた。ぜんぜん記憶にないが、30分くらい話していたそうだ。夜11時すぎのことだという。確かにLINEを見ると記録に残っている。今朝床で寝ていたのは、通話が終わってそのまま床に倒れて寝ていたということだ。肩の痣は眠って椅子から床に落ちたときの衝撃でできたのだ。