さっきxxxを飲んだ。一緒にツムラ漢方薬を飲んだ。寝落ちする前に書き上げたい。

 月曜は祝日だったので、火曜は注文が溜まっているはずなので出勤した方が感じがよかったんだけども、休んでしまった。翌日も休んだ。眠れなかったし起きられなかった。立っていられなかった。ジスキネジアがひどかった。ジスキネジアというのは長年以上向精神薬を使用していていた人間が、使用をやめると現れる症状である。顔のけいれんがおきて、足を突っ張るというか、そらしてしまう。片目だけすぼませたり、口をもぐもぐさせてしまう。自分と意思とは関係ない。欠勤している間はそれがひどかった。泣いたりした。

 今日は出勤した。しかしジスキネジはわりと治っていたが(睡眠をきちんと取れているかどうかが重要)発汗がひどかった。汗をかきすぎるのはこれは心身症

 昼休みにシャツを着替えたが、14時過ぎにはもう汗腺の水門が悪意ある博愛主義になっていた。

 何回シャツを絞っても分泌される汗。シャツの裾からしずくする汗の水滴。

 ハンカチで汗を拭くのだけどもハンカチの許容水量(キャパシティー)をすぐに満たしてしまう。

 昼休みにハンカチを洗って干す。そして着替える。

 しかし2時にはシャツは水浸しになる。水浸しになったシャツの、含みきれなかったシャツがズボンに落ちてくる。これが問題だった。ションベンちびったようにしか見えないのである。

 明日からは着替えを上は 5〜6枚、ズボンも3枚は持っていきたい。

 ---

 ここでだめだった。ここからは翌日の自分が書いています。

 実際5回分の着替えを持っていった。5回って、上半身5回分。あとタオルとズボンとパンツ。これは正解だった。出勤と掃除でまず1回、午前が終わって1回、午後で2回で4回。退勤後に何か用事があったらもう1枚必要だっただろうから、これはズバリ正解。

 しかし着替えが大きい。かさばる。帰りは汗を含んだ服なので重い。こんな奴いるんだろうか? I集院さんは最近1枚数百円のシャツをまとめ買いして外出するときはそれを汗をかいては脱ぎ捨て……ということをしているとラジオで言っていたが。

 

 それとはまったく関係なくこの一ヶ月ほどジスキネジアがひどい。ジスジネジアは長期間向精神薬を使用していた人間に起こる後遺症で、頬や足などの体を無意識に引きつらせてしまう症状だ。

ジスキネジア - Wikipedia

 私は19歳の頃に初めて抗うつ剤抗不安剤を服用するようになって、31歳くらいの頃まで常用していた。

 2年ほど前、編集プロダクションで勤務していた時に初めて症状が出てとても慌てた。自分の意思と関係なく頬や唇や足がひきつり出した。勝手に動いて、勝手に動きすぎるから勝手に痛くなるのだ。首や手を動かしすぎたら痛くなるように。

 ようやく家とか家族とか親とか親戚から離れられて、抗うつ剤が必要なくなったのに、こんなことになるとは。もう足も顎も痛くてしょうがない。来週はまた病院だ。

---

 クレジットカードで百貨店ギフトカードを買って、それを換金ショップで現金化する日々が続いている。それももうすぐ限界が来る(年内が精一杯だと思う)。もう身内は頼れないし、時給は930円だし、年金もたかが知れている。生活保護は却下になった。もっと自分が自分の思った通りに、いろんなことができると思っていた。

 砦の上で

 砦の上で