パソコンのイヤホン端子からDAW(Garageband)のMIDI音源を出して、アナログシンセ(Microblute)のフィルターと、インターフェイスを経由して、リアルタイムにオーディオ録音したい(わかりますか?)

MIDIの音ってペラいじゃないですか、いや、ペラくあってほしい。

パソコンの音は薄くて、アナログの音は太く柔らかい白人並みであってほしい。

そういう迷信というか妄想を抱いている人は多いと思います。

そして精神科には行きたくないという人に向けてこの記事を製作します。

 

要するにこういうこと。

f:id:theandthe:20170928200328j:plain

健常者の描いた絵。

健常者じゃないけど(精神・3級)。

 

結論

できました。ただ音が良くなったかどうかはわからないです。耳悪いので。

 

でもMIDI→オーディオにするだけでも色々できますよね。エフェクター通せたりアンプ変えたり。

f:id:theandthe:20170928200846j:plain

これはアナログシンセです。頼もしいな〜

 

鍵盤を押さないと音は出ない(トリガーっていうんですか)のでテープでとめています。この状態でカットオフとかレゾナンスのつまみをいじることができます。

 

mac>インターフェイス>シンセ>インターフェイス>macの順です。シンセの前後にエフェクターを繋ぐのもいいですね。

 

私の作っている音楽はノイズとかテクノとかインダストリアルとかです。クラシックの音楽やコーネリアスさんの音楽のようではない、あまり音質が関係ない音楽です。なので、こういうことをして遊んだりするのです。そして兄貴を起こすのです。楽しいですね。

 

音が出ないときはあらゆるツマミやスイッチをいじりましょう。

・PCの出力設定

・MicrobluteのVCA切り替え

・そもそも繋ぐ端子、inとoutが違うなど電機屋に鼻で笑われすらしない凡ミス

この辺が犯しやすい失態です。ご用心、ご用心……。