東京探し・代々木-原宿-初台らへん編

 駅前の雰囲気がもう既に都会でした。さすが山手線下半分。

 

 これは「気をつけておかねば」とゾッとしました。

 レトロな看板とか古い家屋の写真を撮ってアップするだけの、クソつまらん行為になってしまう。そうじゃない! 東京を探せ!

 

 建物が全部高そうでした。値段が。「おしゃれ」とは微妙に違う感じ。その感じは原宿までずっと続く。

 

 つってる間に原宿着いた。

 おしゃれなのかおしゃれじゃないのかわかんないような若い女の子と外国人が多かったですね。

 

 ヘイトになるかもしれませんが「外国人が多すぎない」は(私の探している)東京の条件です。

 

 10年以上前、イベントに出てもらいました。お元気そうで何より。

 

 こんなツイートしましたが、基本的に宗教ネタで笑うことはないです。

 

 

 そしてその後ダラダラ歩いて代々木公園駅の方まで。

 

 んでツイッター見たら

  ワーオ

 

 コンサータの効果もあって、電車の中で本も落ち着いて読めました。

続百鬼園随筆 (新潮文庫)

続百鬼園随筆 (新潮文庫)

 

  ……よくわかんない話が多すぎる。先に出た方のがよかったかなあ。そっちに収録されてる『梟林記』は私の『風中にて』の元ネタになりました。